blog

ブログ

雪とバイクとわたし。

2014/03/14

みなさん、御久しぶりです。 先日誕生日を迎えました、さきょーでございます。

 

さて、しばらく沈黙していました私。 実はいろんな所へ向かっておりました。

今年は沢山雪が降ってくれましたね。おかげさまでよりキチガイへの道をひた走っております。

 

時は遡ること2月の後半。いろんな予定が重なり、三重へ向かう事に。

ついでといっちゃ難ですが、オフロードバイク仲間の皆と林道へいこう!と相成りました。

ここで少し説明を。 林道と言われてもなんじゃそりゃ?ってな方、多いと思います。

 

簡単に言うと、砂利道です。 もっと言うと、「山」にある砂利道です。

 

想像できるかと思いますね。ええ。

基本はガードレールもなく、眼下には崖、崖、崖。 そして伸びているのは荒れ果てた道。

 

そんな道を走りたがる人がいるんですね、この世には。 まぁ、皆さん基本はオフロードタイヤっていう専用タイヤですが。

私はそれをかたくなに使わず、舗装路を走る専用のタイヤです。 ええ、キチガイとは私のこと。

 

さあ、ここまでが前提として。

その日は二人で寄り道しながら向かったんですが。。。

やはり私も男の子。河川敷があったら遊びたい!

 

1394200236842

 

左手前のバイクのタイヤ、見てもらえばわかると思いますが。 そう、タイヤイボイボしてるんです。

これがオフロードタイヤ。 対する私のバイク。右奥。 ツルッツルです。ええ、でも結構?いけちゃうんです。

 

最初はおとなしく遊んでいたんですが・・・

1394200246938

 

やっぱりこうなるんです。 ええ、バイクだって飛べるんです。

この日、ひそかに買っていたオフロードブーツ。 スキーのブーツみたいなやつです。

 

いやあ、有り難かった。 あれが無かったら足折れてましたよ。

 

そんなこんなで、まだ宿まで時間もあるし。 いろいろ寄り道。

この道、471号線?だかなんだかだったんですが、道なりに走っていくと

湯の山温泉。 聞いた事ありますよね。

あそこの温泉郷にまで繋がっている道があるんです。 通称湯の山街道。

 

インターネットで下調べしていたとき、冬期通行止めなどとの文字がありました。

まぁ、いけるだろう。 とアタック。

 

1394200239068

 

ええ、無理でした。 ふつーに雪。しかもゲートで完全に塞がれてる。

 

この雪ならいけるんじゃね?と足を踏み込んだ瞬間。

 

つってーんとやりましたよ、ええ。  凍っておりました。

しかし、そこから見えたひときわ高い山。後で知ったんですが、御在所山だったそうです。 上らなくてよかった・・・。

 

さあ、ここであんまりに遊び過ぎたせいで、時間に追われるハメに。

大急ぎで23号まで下山して、チェックインの17時の5分前に宿に到着。

 

津駅前の宿、というかビジネスホテル。 一人4000円也。

さあ、駅前。 夜は飲み歩き。 と思ったんですが。。。

 

二人とも、ヘロヘロ。一時間近く動けず。

渋々重たい腰を動かし、夜の街へ繰り出します。

 

いやあ、負けました。津駅。

廃れ具合がすばらしい。

80年代、バブルを思い出すネオンがきらめき、駅前に鎮座するのはパチンコ屋。

 

極めつけには高級クラブの看板に、蛍光灯でぼんやり照らされる補修後まみれの外壁。

なんだか懐かしいような、悲しい様な空気の流れとにおいでした。

 

そんな中、ぼちぼちと。 なぜか立派に埋まっている駅地下で晩御飯。

ごはんの質は素晴らしかった。店員のおねーちゃん、関西弁が素敵です。

 

二人でバイク談義に花を咲かせていて、ふと気付く。

 

御客さんいないじゃん。。。

さすがにあまり居座るのは申し訳ないので、8時ちょうどに御開きと相成りました。

 

御一緒していた人はもうお疲れのようで、一足先にホテルへ戻りました。

 

かくいう私。 ぜーんぜん飲み足りなーい! だって二人で4000円だもん!そらそーだ。

ええ、わたしの趣味の一つ。その土地のバーで酒を飲む。  発症しちゃいまして。

なんだかパブだかバーだかよくわからない外観のバーを発見。

扉はバーらしい。重苦しく、人を拒むような雰囲気。

 

少し呼吸を整えて、いざ店に足を踏み入れてみると・・・

こりゃ、すごい。 スコッチだらけ。  マスターも面白い。

 

なにより御客がいないのが高ポイントでしたね。(笑)

 

バーでのんびり1時間ほどウィスキーを舐めながら、しばらくマスターと談笑しておりました。

夜も更け、酔いも回ったのでここらで御暇。

 

飲んだお酒は、結構お高い。 伝票をみて、びっくらこいた。

 

人が来ないからかな、なんと4200円。  愛知じゃ一万は下らないほど飲んだのに。。。

気分良く、財布も重たいままホテルに帰宅。

の前に、コンビニで買い足し。  まだ足りないんだなぁ・・・。

それでもまだ針は9を刺し出したところ。 ホテルでも飲みます。

もう一方は、完全にぐったり。 静かに飲む。 ひたすら飲む。 そとから聞こえるのは車の音だけ。

 

9時にもなると、人っ子一人歩いてませんでした。 恐るべし、津。

 

 

気づいたら朝でした。 二人して6時に起床してしまった。

さあ、本日が本番。 林道にみんなで向かいます。

と、その前に。 喫茶店を探してバイクを転がします。

 

そして見つけたコメダ。 なんと、禁煙。

 

コメダの意味、ねーじゃねーか!

あっけなく、朝のブレイクタイムは缶コーヒーになったとさ。

 

さぁさぁ、今からです。 林道へ向けて、計7台で走ります。

 

 

 

やられた、積雪20センチ。  バイク、走らず。あえなく撃沈

1394200257323

 

 

いやあ、面白いんですよ、こけ続けると。 また新たな病気を発症したみたいで。

 

この後こけ過ぎて鬼ハンになったり、心が折れたりしながらなんとか帰宅。

 

 

いろんな経験をして、より一層うまくなりました。

 

舗装路を走るのも楽しい、しかし未舗装路の魅惑だってある。

バイク乗りの皆さん、一度走ってみては?

 

タイヤなんて関係ない。自分の腕と度胸さえあれば・・・