サイト内の更新や会社としての情報発信はこちらで行います。

NEWS新着情報

MENU

新着情報

2014/05/09

四つ国ぜよ。

新しい相棒を手に入れました、さきょーでございます。

皆様、ゴールデンウィークいかがお過ごしでしたか?

 

この私、大型連休を見逃すはずがありません!

さてさて、今回は?も?お得意ツーリング珍道中と行かせてもらいますよー。

 

時は遡ること五月の二日。仕事も終わり、自宅へ帰宅した頃。

一日の残りもあと3時間となった具合。

 

「どうせなら、夜中発の弾丸ツーリングもいいなぁ。」

「でも、仮眠もとれないし、つらいかなー。」

「いいや、なんとかなるさ!」

 

 

・・・はい。 行きます。仮眠も取れませんでした。

時刻は日付が変わった頃。ドタバタ準備して、財布も暖めていざゆかん。

 

あ、あと前置きとして少し知識を。

バイクというのは、車と違いエンジンを回して走るものでして。

その分、新車の状態ではすこーしデリケートに扱ってあげないとすぐ機嫌を損ねてしまいます。

ええ、女と同じです。最初は優しく、ね。

 

いわゆる、「慣らし」と呼ばれるものです。

いろんな説がありますが、大体は500~1000キロ走るまでは回転数のセーブや急ブレーキ、急加速は控えるように、とのお決まりがあります。

 

この「慣らし」、かーなーりダルいもんでして・・・。

その消費も兼ねての突発ツーリングです。

さて。ここまでが前置き。

 

今回は二人でのツーリングということで、夜中の1時に御在所SAで集合。

大分、御在所の工事も進みましたね。

ちなみにこの工事、弊社がやっております。

 

さて、無事合流。「こんばんわ!」

そんな時間に余裕もあるわけではないので、簡単な挨拶をして足早に出発します。

 

いやぁー、寒いね。夜の名神。しかも慣らし中なのでペースもあげれず。イライラが募る&疲れます。

とりあえず、すぐ近くの甲南PAで休憩します。

DSC_0011_1

 

あ、ちなみに今回の写真はすべてスマホです。あと新しい子は白になりました。

寒いこともさることながら、晩御飯食べてないことに気付く。なんだか順序が違うよね(笑)

 

昔懐かし、ホットスナックの自販機があったので小腹を満たしました。

ここも結構急いで出発。確か時刻は2時ごろ。

 

ここからは距離を延ばすため、ひたすら走ります。日の出までには通りたい道もありましたので。

 

道中、信楽や忍者の里、甲賀も見事にスルーしながら給油&トイレ休憩。

2時間ほど走り続け、西宮名塩SAで。

 

いやぁ、ゴールデンウィーク舐めてた。スタンドが渋滞。びっくりです。

そして時刻も4時を回ったところ。空が薄明るくなってまいりました。

ま、日の出までは時間があるので、少しゆっくりして5時頃出発。

 

賢明な方ならもう気付いたかな?まだ、まだ目的地は伏せます。

 

さらにそのまま1時間ちょっと走り続けます。

しっかし、ゴールデンウィークなのにも関わらず神戸線、人がおりません!

新神戸トンネルも貸切状態!気持ちのいい気温と匂いです。

 

道中見えた出口看板、六甲山出口! バイカーの血が騒ぎましたが、二人なのであきらめます。。。

進んで進んで場所は変わって、淡路島!

 

そう、日の出までに走りたかったのはこれです。明石海峡大橋。

DSC_0013_1

 

 

天気にも恵まれて、朝日も拝めましたよ。ちなみにここは明石SA。

DSC_0016_1

 

さぁ、もう気付きましたよね。 今回の弾丸ツーリングはタイトル通りです。

命名「四つ国ぐるっと弾丸ツアー!」

 

有名どころは抑えつつ、ひたすら走る。という無謀な計画。

正直、今思い返すと無理がありましたね、ええ。つか、四国遠いよ・・・。

 

そして、ここにきて問題発生。というか、凡ミス。

明石からは下道で行く予定だったので面白い道を探そうと地図を出しました。皆の見味方、ツーリングマップル。

 

そう。ツーリングマップル「中部・北陸」版。

 

すでに兵庫から載ってねーじゃん!

ナビの電源もほぼねーじゃん! 携帯の電源も減ってんじゃん!

 

こ、これも旅の醍醐味ということで、ね?

朝日も拝めたので、ここからはのんびりと向かいます。

え?どこまでって? 行けるとこまで。

 

あ、ちなみに明石までの時間は約5時間。高速だと結構距離も稼げました。

さぁ、ここからがあんなに過酷になるとは誰が想像できただろうか・・・。

 

そんなこと、知るよしもなく取り敢えず徳島へ入ります。

最初の目的地として設定したのが、室戸岬。バイク乗りは端っこが好きなんです。

 

とりあえずコンビニで休憩がてら、ルートを練る。

 

 

・・・結局、室戸岬を集合として別ルートになりました。

 

道中、面白そうな道を見つけたので寄り道。確か県道147号線とかなんとか。

 

この道、すごいわ。四国、舐めてたわ。

DSC_0019_1

 

私の海岸線の常識が覆りました。 右手には山、左手には「崖下」に海。しかもすっごいキレイ。

 

道も面白いし、アブも沢山いるし。

慣らしも忘れて、ちょっと攻めてたら・・・

暑いね。四国。熱いね、いろいろと。 タイヤが溶けました(笑)

 

あんまりのんびりしてられないので、室戸まで向かいます。

道中、おじさんライダーにナンパされたり、ナンパしたりしてたら結構ずれ込んでしまい、室戸着は昼前。

 

え?滞在時間?ものの20分も満たないほど。 ここで命名は変更されました。

「四つ国ラリー」へと。。。

 

その後は二人揃って、ようやくツーリングっぽくなりながら次の目的地へ。

お次は、そう。龍馬像。

「いざ、桂浜へ!」

96e4dbfb

 

 

いやあー、日中は本当に暖かくてバイクも沢山おりました。 当然のごとくピースサインの嵐。

やはり、気持ちのいいことですね、ピースサインは。

 

話は飛んで、桂浜に着。 ぶっ通しで走ること、実に13時間。

ようやくおひるごはんとします。

 

と、その前に・・・

1399093613949

 

龍馬ぜよー!  とにかく人、人、人。 お昼時もあいまって人だらけ。

 

当然、並んで食べる気にもならず、空いてるお店でうどんをちゅるっとすすって終わり。

二人して眠気も限界だっので、日陰で20分ほどの仮眠としました。

 

いやあ、目をつむるだけでもかなり回復。どこでも行けるような気がしてきます。

「ぼちぼち出発、しましょうか。」

 

向かうはどこかな? とりあえず距離は伸ばしたいので土佐あたりへノンストップです。

 

 

道中、かわらずピースサインをしていたら。ななななんと!

かわいいおねーちゃんが手を振ってくれた!  オトコさきょー、スタンディングで両手を振り返してやりましたよ。ええ。彼氏持ちですクソッタレ

 

 

さて、さすがにうどんだけじゃキツイです。

夕方五時ごろ、かつおのたたきがおいしいと評判の道の駅へ。名前は忘れました。

1399102049417

 

見た目では少なく見えますが、かなり沢山ありましたよ。これで500円。

 

お味は・・・

「こんなの、本州の奴食べれなくなるよ!」

 

 

あまり時間も食えないので、足早にキャンプ場を探します。 日も暮れてきて、多少肌寒くなってきました。

最初の宿泊予定はライダーズイン中土佐という所。 走ります。

 

少し急ぎ目で走りつつも、景色がどんどん山しかなくなってきました。

曲がるべき交差点で場所の確認をしていると、Ⅰ台地元の軽トラが。

 

「そこのキャンプ場の道、土砂崩れでいけへんよ!」

ななな、なんですと?!  かわりに迂回ルートを聞き出して、急いで向かいましたよ。

あんなことになるとは、知るよしもなく・・・。

 

「道は細いけんど、しっかりあるかん安心してや」

 

 

 

騙された。四国、半端じゃない。

 

道じゃねーよ、あんなの!

教訓1「四国の道がアスファルトだと思うな」

 

教訓2「地元の人間は「車」だ」

 

おわかりいただけましたよね。  こちとらモタードとアメリカンの組み合わせです。

多くは語りません。 御察しください。

 

やっとの思いでキャンプ場に着いた!

「お疲れさまでした!」

 

と、ここで許してくれる四国ではございません。。。 そう、私達、食料の調達をしておらず。。。

で、でもキャンプ場のそばにスーパーくらいあるやろ!

 

google先生「サークルK:56キロ」

示される到着予定時間 1時間38分。

 

 

。。。やむなく別のキャンプ場に。 この時時刻は6時30分。 肌寒い&日が落ちかけている。

 

 

ここで私達は何を血迷ったのか・・・少しでも距離を伸ばしたいと、なぜか四万十まで向かうハメに!

どの道、キャンプ場に着いたのは7時30分を回ってから。

 

「本当に、お疲れさまでした。」

 

 

テントの設営もほどほどに、ちゃちゃっと酒とツマミの購入を済ます。 酒屋で5000円も使ってしまったね(笑)

そこのキャンプ場は人も沢山おりましたが、なにより飯屋がありまして。 そこに飛び込んで、さあ晩御飯だ!と。

 

「ごめんよー、8時までなんよ。。。」

 

?! 二人を襲う衝撃!  しかし、そこは女将さん。有り難かった。  ラーメンだけなら・・・と。。。

 

ええ、おいしく頂いてちゃちゃっとテントに戻りました。

その後、酒盛りをするため酒と椅子の準備。 時刻は8時30分頃。 いつもならこれからこれからって時ですが・・・

 

そりゃ、無理だよ。だって本日18時間、バイク乗りっぱなしだもん。

そうです。 本日の総走行距離、786キロ。 移動時間、実に18時間にも及ぶラリー。

その後じゃ、そうそう飲めるはずもなく・・・。  スーパードライ3本で泥のように眠りに落ちましたとさ・・・。

 

 

後半へ、続く。

CONTACT 求人のお問い合わせ・仕事ご依頼・ご相談はこちら Tel.0563-52-2208

太輝建設で働きたい!求人情報についてもっと知りたい!
太輝建設の事業内容を知りたい!など、お気軽にお問い合わせください!

CONTACT

求人のお問い合わせ・タキケンへの仕事ご依頼・ご相談はこちら

太輝建設で働きたい!求人情報についてもっと知りたい!太輝建設の事業内容を知りたい!など、
太輝建設にまつわるお問い合わせはこちらのお電話番号にお問い合わせください。

写真:太輝建設株式会社
Copyright© 2018 太輝建設株式会社. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.
PAGETOP